消費者金融の大手と中堅ではどう違う?

消費者金融の大手と中堅ではどう違う?

大手と中堅消費者金融では顧客層に違いがあります。
中堅消費者金融では大手の審査に通る自信の無い人、または大手の審査に落ちた人が顧客層となっています。

 

2社目3社目と借入件数が多くなるほど大手の審査が厳しくなります。
そのため借入件数が多いと言う人も中堅消費者金融を良く利用しています。

 

中堅より大手消費者金融の方が安心感がある上に金利が低いです。
中堅では大手消費者金融のように自動契約機が無い場合があります。

 

まずは大手消費者金融からお金を借りたいところです。
しかし大手にお申し込みし審査に落ちてしまってから中堅消費者金融にお申し込みするのでは余計な時間が掛かってしまいます。

 

そのため急ぎと言う人は最初から中堅消費者金融にお申し込みするのも一つの方法です。
ただし中堅消費者金融の審査に通るには安定した収入が必要です。

 

アルバイトやパートで収入が少なくても安定していれば通りやすいです。
しかし収入が不安定と言う人は注意が必要です。

 

ブラックリストに掲載されていると言う人は中堅でも審査が厳しいです。
一部にはブラックでもお金を貸すと言う中堅消費者金融が見られますが、必ず審査に通るわけではありません。

 

大手でも中堅でも審査の際に勤務先への在籍確認が行われます。
もしウソの勤務先を申告し、収入があるように装ってもすぐにバレてしまいますので注意して下さい。

 

借りた後に返済出来なくなると遅延損害金が発生してしまいます。
遅れるほど負担が大きくなるため、事前に無理の無い計画を立てて下さい。

 

ホームページにある返済シミュレーションを利用すると良いです。

関連記事

  1. キャッシュレス LINE Payと楽天Pay
  2. トンカットアリの効果と主な注意点
  3. 「いつも」で上手にお金を借りています
  4. 意外とキャレントで多く借りられます
  5. 借り換えにも有効なアロー
  6. 消費者金融のセントラルについて
  7. 利用しやすいサービスが充実しているライフティ
  8. 多重債務者や自己破産者でも借りやすいと評判の消費者金融業者
  9. 金利の負担が少なく申し込みが簡単な楽天銀行スーパーローン
  10. 水商売でも融資は受けられる